タイムキープ

別の仕事を続けながら起業準備に入るときに、最も重要と言えるのが「タイムキープ」と言えるでしょう。

例えば「起業準備の期間」と思って調整していた時間を、仕事の忙しさでうやむやにしてしまったり、現職の仕事に追われて、準備としてやりたかったコンテンツがどんどん後手後手に溜まっていってしまう上、休日は疲れで動けない・・・・・・等といった負の連鎖を断ち切れないといった起業希望者の方は意外に多いように思います。
こういった事が続いてしまっては、起業という夢は本当に夢で終わってしまうという可能性は否定できないのではないでしょうか。

起業したいという夢を叶えるためには、無闇に「隙間時間」を期待してはいけないという事が第一条件と言えるのではないでしょうか。
まず、一日の課題を一つずつ書き出し、そこから「無駄な時間かもしれない」という時間を見直していくと良いでしょう。

飲み会などはいい例でしょう。
付き合いは大切ですが、その会が本当に発展的であるものでない場合には、残念ながらそれは無駄な時間と消えていく事になるでしょう。

このように、いまの自分、また、今後の自分の為になる時間以外は、思い切って切り捨てて行きましょう。
そして、その切り捨てた時間の所に、起業準備としてやりたいことを当てはめていくというのはどうでしょうか。
従来の生活を一新するという感覚ではなく、これまでの生活を見直していくという感覚で取り組む事が大切でしょう。

これを実行する事で、起業後のタイムキープにも雲泥の差が現れることはいうまでもないのではないでしょうか。
周りに流されず、しっかりと自身の意思で行動を組み立てていけると良いでしょう。